男性の避妊方法

男性の避妊方法を紹介するサイトです。 - 男の避妊方法

男の避妊方法

精子が出る管を縛って切り離すわけですが、男性ホルモンの生産される量は手術をしても変わりません。

ですから、精力が落ちたり、性的能力が衰えたりすることはありません。

また、パイプカットの手術を受けると、射精しなくなると考える方もいるようですが、これも間違いです。

手術前と全く同様に射精します。もちろん、射精された精液には精子は混ざっていませんが、精液の外見は手術前と全く同じです。

パイプカットの手術とは、精子が通る管だけが切り離されるわけですから、パイプカットしたことによって射精しなくなったり、絶頂感が失われたりする心配はありません。

パイプカットのメリットは、手術後に妊娠させる可能性が0%になることです。

パートナーの女性を妊娠させてしまうといった心配もなくなりますので、ピルや避妊具などを使わなくてもセックスライフが充実し、快感が高まったり、精力的になったという男性もいるほどです。

そのうえ、パイプカットの手術を受けた男性のパートナーの不感症が治ったというケースすらあります。それまで、妊娠の可能性が不安感となり、快感を得ることを妨げていたのです。

これらのパイプカットのメリットに対して、やはりデメリットも考慮しなくてはなりません。手術を受ける場合は、ご家族と十分に話し合い決めることが必要です。

男の避妊術「パイプカット」は果たして有効なのか

男なら一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。「パイプカット」とは、簡単にいうと射精した時に精子を出さなくする手術のことです。一度行ってしまえばずっと効果が続くので、既婚男性で、なおかつもうこれ以上子供を望まない場合などには有効な手段です。

どんな手術なのか気になるところ

局所麻酔をつかって、およそ半時間で終わります。精子を出す管である「精管」が二か所あるので、そこを切除して塞ぎます。多くの病院で入院の必要がありません。短い時間で簡単な手術なので気負う心配がないのです。

メリットとデメリットについて

パイプカットの良い点としては、術後はコンドームをつけなくてもよいので、セックスの際により大きな快感を味わうことができる、常に妊娠の心配が無い、などが挙げられます。一方で、性病にかかるリスクが増えたり、もしも子供が欲しくなった場合に後戻りが出来ないという面もあります。

おススメしたいのは子供のいる30代を超えた男性です。術後にもう一度復元させようとする手術もあるようですが、ほとんどが元に戻せないそうです。安全で簡単な避妊法なだけに、決断には慎重になるべきでしょう。今後の人生の方向性を決めるといっても過言ではありません。

新着情報

◆2015/10/02
男の避妊方法の情報を更新しました。
◆2015/08/26
サイトマップの情報を更新しました。
◆2014/05/15
運営者情報の情報を更新しました。
◆2013/03/30
子宮頸がんについて知ろうを新規投稿しました。
◆2013/03/30
糖尿病について知ろうを新規投稿しました。